家庭裁判所に関する相談窓口

家庭裁判所の仕事(その他)

後見制度

家庭裁判所は、後見人の選定・解任の手続きもしています。一般の方には後見制度はなかなかなじみがないかもしれません。しかし、これも社会を円滑に進めていくため、あるいは福祉の充実のためには必要不可欠な制度です。

後見とは、専門的にいうと、制限能力者を保護するための制度をいいます。では、制限能力者とはどのような人をいうのでしょうか。例えば、未成年者、あるいは認知症のせいで、自分ひとりで行動することが制限されてしまう人のことをいいます。後見人は、その人たちの代わりに行動する人のことです。

家庭裁判所は、後見人の選定・解任にはじまり、制限能力者にあたるかどうかの審判もします。さらに、制限能力者の中でも、その程度に応じてひとりですることができる行為を決めることもあります。これらは、家庭裁判所には法律の専門家である裁判官がいるからこそ可能であるといえます。

後見制度は、まだまだ完全なものとはいえません。後見が始まるためには家庭裁判所によって後見開始の審判を受ける必要があります。しかし、この審判を受ける人数はさほど多くありません。

後見制度が対象としている人はおよそ200万人ともいわれていますが、そのうち12万人ほどしか制度を利用していません。これは、後見開始の審判を受けるためには、本人らによる請求が必要なのですが、健康なうちから請求する人はいないし、請求する必要があるときには特にやらなければならない行為もないというのが現状のようです。

スポンサードリンク

家庭裁判所とは
家庭裁判所とは

家裁と他の裁判所の違い

家裁の業務・家事審判法・家事事件

家裁の業務・人事訴訟法

家庭裁判所・組織・管轄

裁判官

家庭裁判所とは
家庭裁判所の利用
家庭裁判所の利用

家裁調査官の仕事

家裁調停委員

家庭裁判所を利用する

弁護士に相談する

家裁調査官

家庭裁判所の利用
家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(相続)

遺言の執行

遺産分割

推定相続人の廃除

相続

相続の際に決めること

相続放棄

家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(離婚など)

協議離婚

婚姻取消し・婚姻無効

財産分与

親権

養子縁組

離婚の際に決めること

離婚裁判

離婚調停・審判

家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(その他)
家庭裁判所の仕事(その他)

家事相談

後見制度

氏の変更

失踪宣告・認定死亡

少年の刑事事件

少年の保護事件

家庭裁判所の仕事(その他)
Copyright (C) 家庭裁判所に関する相談窓口 All Rights Reserved