家庭裁判所に関する相談窓口

家庭裁判所の仕事(その他)

失踪宣告・認定死亡

人が亡くなるのは、何も心臓が停止した場合だけではありません。民法には失踪宣告という制度が定められており、戸籍法には認定死亡という制度が定められています。とても似た制度なのですが、家庭裁判所が関わるのは失踪宣告です。これらの違いについて説明しましょう。

失踪宣告は、これが出されると不在者は死亡したものとみなされます。失踪宣告には2つの種類があります。ひとつは普通失踪で、もうひとつは特別失踪といいます。普通失踪の場合は不在者の生死が7年間明らかでない場合に認められ、特別失踪の場合は戦争などの危難に遭遇した人の生死が危難の去った後1年間明らかでない時に認められます。

認定死亡は、水難や火災に遭遇したなどによって、死亡した可能性が極めて高い場合に推測に基づいて官公庁が死亡と推定する制度です。この場合、戸籍簿に死亡時期が記載されます。先日の震災では、多くの方が津波によって亡くなりました。この場合、遺体が発見されないこともあり、認定死亡の制度によって死亡したという扱いがなされます。

家庭裁判所は、不在者の利害関係人からの請求によって、失踪宣告を出すかどうかを判断します。もし、失踪者が生きていることが分かった場合は、家庭裁判所が失踪宣告を取り消します。

この場合に、失踪者が死亡したものとして相続がされていることも少なくありません。そのときには、もし失踪者が生きていることを知らなかった場合には、相続には影響が出ないものとされています。

スポンサードリンク

家庭裁判所とは
家庭裁判所とは

家裁と他の裁判所の違い

家裁の業務・家事審判法・家事事件

家裁の業務・人事訴訟法

家庭裁判所・組織・管轄

裁判官

家庭裁判所とは
家庭裁判所の利用
家庭裁判所の利用

家裁調査官の仕事

家裁調停委員

家庭裁判所を利用する

弁護士に相談する

家裁調査官

家庭裁判所の利用
家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(相続)

遺言の執行

遺産分割

推定相続人の廃除

相続

相続の際に決めること

相続放棄

家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(離婚など)

協議離婚

婚姻取消し・婚姻無効

財産分与

親権

養子縁組

離婚の際に決めること

離婚裁判

離婚調停・審判

家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(その他)
家庭裁判所の仕事(その他)

家事相談

後見制度

氏の変更

失踪宣告・認定死亡

少年の刑事事件

少年の保護事件

家庭裁判所の仕事(その他)
Copyright (C) 家庭裁判所に関する相談窓口 All Rights Reserved