家庭裁判所に関する相談窓口

家庭裁判所の仕事(その他)

少年の保護事件

家庭裁判所は、少年保護事件についても扱います。最近は少年犯罪についてもセンセーショナルに扱われた結果、記憶に残っている事件も数多くあります。ここでは個別のケースにはあまり言及することなく、家庭裁判所と少年保護手続との関わりについて説明したいと思います。

少年保護手続は、非行少年を対象にした手続です。成人は刑法や刑事訴訟法の下で裁判により有罪・無罪の判断がなされますが、少年の場合にはこれとは異なる手続によって処理されます。非行少年は、犯罪少年、触法少年、虞犯少年に分けられます。犯罪少年とは、文字通り罪を犯した少年です。

ここでいう罪というのは、刑法等の刑罰法規で定められた犯罪です。次に、触法少年というのは14歳未満の少年のうち、刑罰法規に触れる行為をした少年です。最後に、虞犯少年というのは、虞犯事由があって、かつ、その性格や環境から罪や触法行為をする恐れがある少年をいいます。虞犯事由には、保護者の正当な監督に服しない性癖があることなどがあります。

捜査の結果、非行少年に犯罪のした疑いがあると判断された場合、少年は家庭裁判所に送致されます。家庭裁判所は、警察や検察による捜査の結果や少年からの弁解、少年の置かれている環境など諸般の事情を検討したうえで、処分をするかどうかを判断することができます。

成人による犯罪の場合は、検察が起訴するかどうかの権限を握っていることと比較すると、少年の保護事件においては家庭裁判所の権限が大きいことが分かります。

スポンサードリンク

家庭裁判所とは
家庭裁判所とは

家裁と他の裁判所の違い

家裁の業務・家事審判法・家事事件

家裁の業務・人事訴訟法

家庭裁判所・組織・管轄

裁判官

家庭裁判所とは
家庭裁判所の利用
家庭裁判所の利用

家裁調査官の仕事

家裁調停委員

家庭裁判所を利用する

弁護士に相談する

家裁調査官

家庭裁判所の利用
家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(相続)

遺言の執行

遺産分割

推定相続人の廃除

相続

相続の際に決めること

相続放棄

家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(離婚など)

協議離婚

婚姻取消し・婚姻無効

財産分与

親権

養子縁組

離婚の際に決めること

離婚裁判

離婚調停・審判

家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(その他)
家庭裁判所の仕事(その他)

家事相談

後見制度

氏の変更

失踪宣告・認定死亡

少年の刑事事件

少年の保護事件

家庭裁判所の仕事(その他)
Copyright (C) 家庭裁判所に関する相談窓口 All Rights Reserved