家庭裁判所に関する相談窓口

家庭裁判所とは

家裁と他の裁判所の違い

裁判所と名のつくものには「家庭裁判所」のほかにも、「地方裁判所」「簡易裁判所」「高等裁判所」「最高裁判所」があります。これらは、どのように異なるのでしょうか。 まず、地方裁判所です。ここは、紛争解決の一番手として登場します。多くの事件は、地方裁判所で判断されます。

家庭裁判所との違いは、事件の幅です。家庭裁判所は家事事件を担当しますが、地方裁判所はお金の貸し借りのような民事事件、犯罪者の有罪・無罪を判断する刑事事件など数多くの事件を処理します。多くの場合、1人の裁判官が事件を処理していきます。

そのような事件のうち、借りたお金の額が小さいものや、犯罪のうちでも万引きのように被害が少額なものについては、簡易裁判所が判断します。簡易裁判所は地方裁判所に比べて、判断までの時間が短く、そのためにかかるお金も安くなります。

次に、高等裁判所です。これは、地方裁判所の判断が正しかったかどうかについて判断します。いきなり高等裁判所が判断することもありますが、まれです。家庭裁判所で争われた事件も、高等裁判所にきます。高等裁判所は3人の裁判官が事件を判断します。地方裁判所よりも多くの裁判官を使って、より緻密に判断することにしているといえます。

最高裁判所は、いわゆる司法を司る最後の砦です。日本では三審制を採用しており、ひとつの事件について最高裁判所が最終的な判断をします。家事事件の場合に、最高裁判所までくることはほとんどありませんが、もちろん最高裁判所まで争うことができます。ここまでくると、時間も年単位でかかりますし、あわせてお金も相当かかります。最高裁判所では3人から5人の裁判官が判断に加わります。多いときには、15人もの裁判官が判断します。最後の砦として、誤った判断をしないように、万全の体制を引いているといえます。

スポンサードリンク

家庭裁判所とは
家庭裁判所とは

家裁と他の裁判所の違い

家裁の業務・家事審判法・家事事件

家裁の業務・人事訴訟法

家庭裁判所・組織・管轄

裁判官

家庭裁判所とは
家庭裁判所の利用
家庭裁判所の利用

家裁調査官の仕事

家裁調停委員

家庭裁判所を利用する

弁護士に相談する

家裁調査官

家庭裁判所の利用
家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(相続)

遺言の執行

遺産分割

推定相続人の廃除

相続

相続の際に決めること

相続放棄

家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(離婚など)

協議離婚

婚姻取消し・婚姻無効

財産分与

親権

養子縁組

離婚の際に決めること

離婚裁判

離婚調停・審判

家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(その他)
家庭裁判所の仕事(その他)

家事相談

後見制度

氏の変更

失踪宣告・認定死亡

少年の刑事事件

少年の保護事件

家庭裁判所の仕事(その他)
Copyright (C) 家庭裁判所に関する相談窓口 All Rights Reserved