家庭裁判所に関する相談窓口

家庭裁判所とは

裁判官

家庭裁判所にも当然裁判官はいます。この裁判官はどのように選ばれて、どのような仕事をしているのでしょうか。ここでは、裁判官について説明したいと思います。

家庭裁判所の裁判官は、他の裁判所の裁判官同様、司法試験を合格した人から選ばれます。その後裁判官に任命されてから、全国の裁判所へ赴任します。裁判官の赴任地は、すべて最高裁判所から言い渡されます。自らの希望が通ることも多いようですから、家庭裁判所の裁判官は家事事件に興味があって仕事をしている方が多いと思います。

裁判官が同じ裁判所に長くとどまることはまれで、ほとんどは3年ぐらいの間に他の裁判所へ異動します。さまざまな理由が考えられますが、同じところに長く居すぎると事件の関係者と仲が良くなってしまって公平な判断ができなくなるとか、多くの事件に関わることで見識を広めるためともいわれています。

裁判官の仕事は、主に紛争の解決です。ニュース等でよく耳にする「判決」というのが、裁判官の判断です。裁判官は、紛争の当事者の話を聞き、証拠をみながら、法律に照らしてどちらを救済するべきかを考えます。当事者は、お互いに自分が正しいということを主張しますから、裁判官としてはどのように判断するべきかを悩みます。

また、1人の裁判官が大量の事件を抱えています。これらの理由から、裁判官の判断には時間がかかります。当事者としては早く判断してほしいところですが、裁判官は別にさぼっているわけではありません。裁判所を利用する際には、時間とお金がかかるということは知っておいてほしいところです。

スポンサードリンク

家庭裁判所とは
家庭裁判所とは

家裁と他の裁判所の違い

家裁の業務・家事審判法・家事事件

家裁の業務・人事訴訟法

家庭裁判所・組織・管轄

裁判官

家庭裁判所とは
家庭裁判所の利用
家庭裁判所の利用

家裁調査官の仕事

家裁調停委員

家庭裁判所を利用する

弁護士に相談する

家裁調査官

家庭裁判所の利用
家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(相続)

遺言の執行

遺産分割

推定相続人の廃除

相続

相続の際に決めること

相続放棄

家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(離婚など)

協議離婚

婚姻取消し・婚姻無効

財産分与

親権

養子縁組

離婚の際に決めること

離婚裁判

離婚調停・審判

家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(その他)
家庭裁判所の仕事(その他)

家事相談

後見制度

氏の変更

失踪宣告・認定死亡

少年の刑事事件

少年の保護事件

家庭裁判所の仕事(その他)
Copyright (C) 家庭裁判所に関する相談窓口 All Rights Reserved