家庭裁判所に関する相談窓口

家庭裁判所の仕事(離婚など)

協議離婚

日本では、家庭内の紛争でもっとも多いものが離婚です。その数は年々増加傾向にあり、今や毎年25万組に上ります。毎年70万組あまりが婚姻しますが、婚姻に占める離婚の割合は30%を超えています。離婚原因はさまざまあるでしょうが、ここでは離婚というものが決して珍しいことでないということを強調しておきたいと思います。

離婚は、必ずしも家庭裁判所を使って行うものではありません。夫婦の合意があれば離婚は自由にすることができます。これは、結婚の場合と同じです。民法は、夫婦の持つ離婚したいという気持ちを重視しているといえます。

このように、家庭裁判所が関与しないで、当事者だけで離婚をすることを協議離婚といいます。協議離婚は、離婚の種類の中でももっとも割合が高く、離婚する夫婦の約9割が協議離婚によって離婚します。その協議においては、夫婦の双方に弁護士がついて協議がまとめられていくことが多いでしょう。

離婚において家庭裁判所が関わるのは、離婚全体の約1割ということになります。これを多いと感じるか、少ないと感じるかは、読んでいる方の捉え方次第といえます。離婚でもめるのは、財産分与や慰謝料などのお金と子供の親権です。

いずれも夫婦にとってはお互いに譲れないものでしょう。ですから、この部分に争いがない場合には協議離婚でまとまるのです。裏を返すと、この部分でもめているから裁判になるのであって、家庭裁判所としてはたいへんな判断を日々迫られているといえます。

スポンサードリンク

家庭裁判所とは
家庭裁判所とは

家裁と他の裁判所の違い

家裁の業務・家事審判法・家事事件

家裁の業務・人事訴訟法

家庭裁判所・組織・管轄

裁判官

家庭裁判所とは
家庭裁判所の利用
家庭裁判所の利用

家裁調査官の仕事

家裁調停委員

家庭裁判所を利用する

弁護士に相談する

家裁調査官

家庭裁判所の利用
家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(相続)

遺言の執行

遺産分割

推定相続人の廃除

相続

相続の際に決めること

相続放棄

家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(離婚など)

協議離婚

婚姻取消し・婚姻無効

財産分与

親権

養子縁組

離婚の際に決めること

離婚裁判

離婚調停・審判

家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(その他)
家庭裁判所の仕事(その他)

家事相談

後見制度

氏の変更

失踪宣告・認定死亡

少年の刑事事件

少年の保護事件

家庭裁判所の仕事(その他)
Copyright (C) 家庭裁判所に関する相談窓口 All Rights Reserved