家庭裁判所に関する相談窓口

家庭裁判所の仕事(離婚など)

婚姻取消し・婚姻無効

離婚によく似たものとして、婚姻の取消し・婚姻無効があります。離婚は有効に成立した婚姻関係を解消することをいいますが、婚姻の取消しは婚姻が成立した時点で何らかの問題があるため後で取り消すことができるものであり、婚姻無効は有効にできないほどの問題があるために最初から婚姻が成立していない場合をいいます。

婚姻は、夫婦になろうとする当事者双方が婚姻しようという意思を持つことをいいます。基本的には、婚姻はこの意思の合致で足ります。では、婚姻が取り消されるほどの問題、または婚姻が無効になるほども問題とは何でしょうか。

無効の方が分かりやすいと思いますが、無効になる場合は例えば人違いの場合です。婚姻するのに人違いというのもおかしな話ですが、この場合には婚姻の要件である婚姻の意思の合致がありません。

そのため、婚姻が無効であると考えられます。他方、婚姻が取り消される場合というのは、例えば重婚の場合です。婚姻が取り消される場合は、当事者の間に婚姻の意思の合致はあるものの、それ以外の事情によって婚姻を取り消す必要がある場合です。取り消しについても、無効についても、いずれも民法にはきちんと書いてあります。

家庭裁判所としては、裁判所に婚姻の取消しや無効について判断してほしいと訴えられた場合にこれを判断します。その際には、法律に定められた取消原因・無効原因について検討します。婚姻の取消し・婚姻無効になる事案はごく少数です。

スポンサードリンク

家庭裁判所とは
家庭裁判所とは

家裁と他の裁判所の違い

家裁の業務・家事審判法・家事事件

家裁の業務・人事訴訟法

家庭裁判所・組織・管轄

裁判官

家庭裁判所とは
家庭裁判所の利用
家庭裁判所の利用

家裁調査官の仕事

家裁調停委員

家庭裁判所を利用する

弁護士に相談する

家裁調査官

家庭裁判所の利用
家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(相続)

遺言の執行

遺産分割

推定相続人の廃除

相続

相続の際に決めること

相続放棄

家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(離婚など)

協議離婚

婚姻取消し・婚姻無効

財産分与

親権

養子縁組

離婚の際に決めること

離婚裁判

離婚調停・審判

家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(その他)
家庭裁判所の仕事(その他)

家事相談

後見制度

氏の変更

失踪宣告・認定死亡

少年の刑事事件

少年の保護事件

家庭裁判所の仕事(その他)
Copyright (C) 家庭裁判所に関する相談窓口 All Rights Reserved