家庭裁判所に関する相談窓口

家庭裁判所の仕事(離婚など)

離婚の際に決めること

夫婦が離婚の際に決めることは多いです。しかし、ここでは大きく分けて2つのものについて、その大枠を説明しましょう。まずは、一番重要かつ大変なのが財産分与でしょう。次に、子供がいる場合には、親権を夫婦のどちらが持つかを決めなければなりません。

家庭裁判所は、夫婦の協議でこれらのものが決まらない場合に、夫婦に代わって決定します。 財産分与は、夫婦の築き上げてきた財産を夫婦で分けることです。それまでは、夫婦として財布が1つでしたから、夫婦のいずれかが購入したものであってもそれは夫婦のものでした。

しかし、離婚する段階ではそれらのものも夫婦のどちらかのものになります。これを決めるのが財産分与です。そのほかにも、相手の浮気が原因で離婚することになったとすれば、そのことも財産分与によってお金で解決することになります。

離婚の際、未成年の子供がいる場合には、父母のいずれかを親権者としなければなりません。親権とは、子を監護、教育し、子の財産を管理するため父母に与えられた身分上・財産上の権利・義務の総称です。夫婦のいずれにとっても、子供の存在は大切だと思います。そのため、親権について夫婦がもめることも少なくありません。

このほかにも、養育費であったり、子供との面会交流についてであったり、離婚の際に決めなければならないことが多くあります。家庭裁判所はこれらの事項について、夫婦やその子供のために最善の解決をするために努力しています。

スポンサードリンク

家庭裁判所とは
家庭裁判所とは

家裁と他の裁判所の違い

家裁の業務・家事審判法・家事事件

家裁の業務・人事訴訟法

家庭裁判所・組織・管轄

裁判官

家庭裁判所とは
家庭裁判所の利用
家庭裁判所の利用

家裁調査官の仕事

家裁調停委員

家庭裁判所を利用する

弁護士に相談する

家裁調査官

家庭裁判所の利用
家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(相続)

遺言の執行

遺産分割

推定相続人の廃除

相続

相続の際に決めること

相続放棄

家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(離婚など)

協議離婚

婚姻取消し・婚姻無効

財産分与

親権

養子縁組

離婚の際に決めること

離婚裁判

離婚調停・審判

家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(その他)
家庭裁判所の仕事(その他)

家事相談

後見制度

氏の変更

失踪宣告・認定死亡

少年の刑事事件

少年の保護事件

家庭裁判所の仕事(その他)
Copyright (C) 家庭裁判所に関する相談窓口 All Rights Reserved