家庭裁判所に関する相談窓口

家庭裁判所の仕事(離婚など)

離婚調停・審判

協議によって離婚がまとまらない場合、家庭裁判所は裁判離婚の手続きを始める前に、調停や審判という手続きをとることがあります。ここでは、離婚調停や離婚審判といった手続きがどのようなものかについて説明します。

離婚調停も離婚審判も、いずれも離婚にあたり家庭裁判所が関与します。つまり、夫婦の間で協議がまとまらない場合に、第三者である家庭裁判所に間に入ってもらって、離婚をするということです。この点で、協議離婚とは区別されます。

次に、離婚調停と離婚審判の区別ですが、離婚調停の場合は家庭裁判所が間に入るものの、なお協議の場合と同様に当事者間で話し合いがなされることが基本です。一方で、離婚審判の場合には、家庭裁判所の方がイニシアティブを持ちます。そこで、家庭裁判所が離婚した方がいいと判断した場合には、離婚が成立することになります。離婚審判に納得しない当事者は、不服申立てをすることが認められます。

離婚調停が成立して離婚する夫婦は全体の9パーセント程度、離婚審判が成立して離婚する夫婦は数が少なすぎて統計上には現われてきません。ただ、数はそれほど重要ではありません。

ここでは離婚をするための手段にはどのようなものがあるのかを示しているのであり、そのうちで家庭裁判所が関与するものについて説明しています。離婚は、協議と調停という夫婦の話し合いが重視されるものが99パーセントを占めており、家庭裁判所の出る幕はそれほど多くないということが分かります。

スポンサードリンク

家庭裁判所とは
家庭裁判所とは

家裁と他の裁判所の違い

家裁の業務・家事審判法・家事事件

家裁の業務・人事訴訟法

家庭裁判所・組織・管轄

裁判官

家庭裁判所とは
家庭裁判所の利用
家庭裁判所の利用

家裁調査官の仕事

家裁調停委員

家庭裁判所を利用する

弁護士に相談する

家裁調査官

家庭裁判所の利用
家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(相続)

遺言の執行

遺産分割

推定相続人の廃除

相続

相続の際に決めること

相続放棄

家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(離婚など)

協議離婚

婚姻取消し・婚姻無効

財産分与

親権

養子縁組

離婚の際に決めること

離婚裁判

離婚調停・審判

家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(その他)
家庭裁判所の仕事(その他)

家事相談

後見制度

氏の変更

失踪宣告・認定死亡

少年の刑事事件

少年の保護事件

家庭裁判所の仕事(その他)
Copyright (C) 家庭裁判所に関する相談窓口 All Rights Reserved