家庭裁判所に関する相談窓口

家庭裁判所の仕事(相続)

推定相続人の廃除

相続する人のうち、相続を承認したとしても、相続人として認められない場合がある。それは、相続人として廃除(排除ではありません)されていた場合です。これを、推定相続人の廃除といいます。相続される人は、家庭裁判所に対して推定相続人の廃除を請求することができます。

いかなる場合に、推定相続人の廃除が認められるでしょうか。民法は、第一に相続される人を虐待した場合であると定める。次に、相続される人に重大な侮辱を加えたときであると定め、最後に、推定相続人にその他の著しい非行があった場合であると定めている。これらの文言は、非常にあいまいな点があります。

家庭裁判所は、この文言を解釈し、ある事案において推定相続人を廃除することが相当かどうかについて検討します。一時の激情で暴行を加えた程度では「虐待」や「著しい非行」にあたらないという判例もあるため、何が推定相続人の廃除として適当といえるかについてははっきりとはしません。このほかにも、遺言によって推定相続人の廃除を請求することもできます。

推定相続人の廃除の件数は、前述のように要件が非常に難しいため、ほとんどありません。家庭裁判所は推定相続人の廃除の判断については慎重に検討する傾向があるようです。

たしかに、相続する人の相続人としての地位を奪うわけですから、慎重になるのも理解できます。ただ、高齢化社会を迎え、老人虐待のニュースなどを聞くと、家庭裁判所としても方向転換をする可能性がありえるともいえます。

スポンサードリンク

家庭裁判所とは
家庭裁判所とは

家裁と他の裁判所の違い

家裁の業務・家事審判法・家事事件

家裁の業務・人事訴訟法

家庭裁判所・組織・管轄

裁判官

家庭裁判所とは
家庭裁判所の利用
家庭裁判所の利用

家裁調査官の仕事

家裁調停委員

家庭裁判所を利用する

弁護士に相談する

家裁調査官

家庭裁判所の利用
家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(相続)

遺言の執行

遺産分割

推定相続人の廃除

相続

相続の際に決めること

相続放棄

家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(離婚など)

協議離婚

婚姻取消し・婚姻無効

財産分与

親権

養子縁組

離婚の際に決めること

離婚裁判

離婚調停・審判

家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(その他)
家庭裁判所の仕事(その他)

家事相談

後見制度

氏の変更

失踪宣告・認定死亡

少年の刑事事件

少年の保護事件

家庭裁判所の仕事(その他)
Copyright (C) 家庭裁判所に関する相談窓口 All Rights Reserved