家庭裁判所に関する相談窓口

家庭裁判所の仕事(相続)

相続

相続は、家庭内の紛争として離婚と双璧をなすものです。家庭裁判所としても処理しなければならない問題が多くあります。ここでは、相続制度の外観を説明したいと思います。 まず、相続が始まるのは、相続される人が亡くなった時です。

それ以外では、相続は始まりません。亡くなったというのは心臓が停止した場合が通常です。しかし、先日の震災のように津波によって遺体が流されてしまった場合などは死亡を確認することができません。そういった場合のために、失踪宣告や認定死亡といった制度が用意されています。

相続の際にもっとももめるのが、遺産分割でしょう。遺産分割とは、相続した財産を相続人の間で分けることです。遺産分割は、原則として相続人の間の協議によって決めることができます。これで円満に解決すればいいですが、お金が絡むこともあってなかなか協議がまとまらないこともあります。そこで、遺産分割協議がまとまらない場合や協議そのものができない場合に、家庭裁判所が遺産分割をすることがあります。

相続があった場合であっても、必ず相続しなければならないわけではありません。例えば、相続される人の財産に借金しかなかった場合、これを相続しないという選択をすることができます。これを、相続放棄といいます。これは家庭裁判所に対して申し入れることになります。

このほかにも、家庭裁判所は、推定相続人の廃除や遺言の執行などについても関与します。これは、家庭裁判所が公平な機関であり、相続人の間での争いを回避するために関与することが認められたものといえます。

スポンサードリンク

家庭裁判所とは
家庭裁判所とは

家裁と他の裁判所の違い

家裁の業務・家事審判法・家事事件

家裁の業務・人事訴訟法

家庭裁判所・組織・管轄

裁判官

家庭裁判所とは
家庭裁判所の利用
家庭裁判所の利用

家裁調査官の仕事

家裁調停委員

家庭裁判所を利用する

弁護士に相談する

家裁調査官

家庭裁判所の利用
家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(相続)

遺言の執行

遺産分割

推定相続人の廃除

相続

相続の際に決めること

相続放棄

家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(離婚など)

協議離婚

婚姻取消し・婚姻無効

財産分与

親権

養子縁組

離婚の際に決めること

離婚裁判

離婚調停・審判

家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(その他)
家庭裁判所の仕事(その他)

家事相談

後見制度

氏の変更

失踪宣告・認定死亡

少年の刑事事件

少年の保護事件

家庭裁判所の仕事(その他)
Copyright (C) 家庭裁判所に関する相談窓口 All Rights Reserved