家庭裁判所に関する相談窓口

家庭裁判所の仕事(相続)

相続放棄

相続は、一定期間であれば放棄することができます。この場合には、家庭裁判所に対して申述する必要があります。では、一定期間とはいつまでなのか、また申述とはいったいどのようにすればいいのか。ここでは、相続放棄の方法について説明したいと思います。

相続される人が亡くなった場合、相続する人としては相続をするのか、相続放棄をするのかを考える時間が与えられます。その猶予は、原則として相続の開始があったことを知った時から3か月です。

長いように思えますが、自分の生活もしている最中に急に相続が開始しています。相続される人の遺品を整理していたり、あいさつ回りをしていたりするとすぐに時間は経ちます。もたもたしていると、3か月なんてあっという間に経過してしまいます。なるべく早く、相続するのか放棄するのかの判断はした方がいいと思います。

次に、相続放棄をするとして、相続する人は相続放棄をする旨を家庭裁判所に対して申述する必要があります。この申述の方法について必要な書類等もありますが、申述をする裁判所は「相続される人の最後の住所地の家庭裁判所」でしなければなりません。

つまり、どこの家庭裁判所でもいいというのではなく、亡くなった方の住所を管轄とする家庭裁判所ということです。例えば、札幌に住む父親が亡くなった場合、東京で働いている相続人である子は、相続放棄をするには札幌家庭裁判所に行って相続放棄の申述をするということです。

スポンサードリンク

家庭裁判所とは
家庭裁判所とは

家裁と他の裁判所の違い

家裁の業務・家事審判法・家事事件

家裁の業務・人事訴訟法

家庭裁判所・組織・管轄

裁判官

家庭裁判所とは
家庭裁判所の利用
家庭裁判所の利用

家裁調査官の仕事

家裁調停委員

家庭裁判所を利用する

弁護士に相談する

家裁調査官

家庭裁判所の利用
家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(相続)

遺言の執行

遺産分割

推定相続人の廃除

相続

相続の際に決めること

相続放棄

家庭裁判所の仕事(相続)
家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(離婚など)

協議離婚

婚姻取消し・婚姻無効

財産分与

親権

養子縁組

離婚の際に決めること

離婚裁判

離婚調停・審判

家庭裁判所の仕事(離婚など)
家庭裁判所の仕事(その他)
家庭裁判所の仕事(その他)

家事相談

後見制度

氏の変更

失踪宣告・認定死亡

少年の刑事事件

少年の保護事件

家庭裁判所の仕事(その他)
Copyright (C) 家庭裁判所に関する相談窓口 All Rights Reserved